メインイメージ画像

面接官に良い印象を

先に、やってみたいバイトが決まったら、最初に面接を受けなければいけません。面接官に良い印象を与えるため、確認をしておかなくてはいけないことが何点か存在します。まず面接する時間と場所です。遅刻は厳禁ですので、移動する時間も頭に入れておかなければなりません。清潔な服装ではっきりと質問に答えられるよう、シミュレーションも怠らないようにしておきましょう。

また履歴書に記入していることは暗記しておき、きちんと解説ができるようにしておかなければならないでしょう。余裕をもって行動し、直前に慌てないよう用意をしましょう。仕事のときに特に若者が四苦八苦することが言葉遣いでしょう。昔はお客様や目上の人に対するものと、家族や友人に対するものを当たり前に話し分けることができたようですが、この頃では年配の方にも親しいような言葉遣いをする若者が沢山いるということです。年配の人に対して、ちゃんとした敬語が使えないと、そのスタッフだけの問題ではなく、それくらいの会社という感想を持たれる可能性が高いと言えます。

それにより、売上や業績が影響を受けると言っても過言ではないはずです。バイト先は友人の家とは違います。就労場所ですから、言葉使いが重要になります。最低限度の尊敬語を使用するのは当たり前です。目上の人には徹底しましょう。

一方、お客様相手のバイトの人は、クライアントの言葉の使い方もポイントになります。客人は友達ではないので、当然尊敬語を利用することとなるでしょう。使う尊敬語はバイトのための尊敬語を使わないように留意しましょう。一例をあげると、「よろしかったでしょうか」の正解は「よろしいでしょうか」、「お弁当の方を」の正しい言い方は「お弁当を」です。うつくい尊敬語を頭に止めてバイトを始めましょう。